ooyagaku

東京コアアパートメント

築古物件にアートを入れ込んで価値を高める方法 (後編)

さて、作業も後半。 マヤさんに照明デザインをお願いしていた。 今回、電気工事部門でワタクシが参戦。 第一弾のマヤさんからの指示は、 水道管照明! 私、電気工事で初めて使う部材 鉄管を組み合わせて小...
0
東京コアアパートメント

築古物件にアートを入れ込んで価値を高める方法 (前編)

東京コアアパートは東京都心部にある単身向けの築古アパート。10年間運用しての結論は、昭和時代の築古木造アパートがゆえ、部屋にお金をかけても、賃料を上げられない。 部屋はスッキリと納め、あまり予算をつぎ込まずに仕上げるのが吉。 た...
0
DIY-Tips

クッションフロアーのカット苦手でしたが、高級なパーキリを手に入れたので得意になりました。

↑ これ、パーキリと言う。 クッションフロアーの壁際のカットをするときに使う道具。 右が、今まで使っていたパーキリ、左が、今回新たに手に入れたパーキリ。 クッションフロアー施工は、すっごく苦手で、今までの、右の、パーキリを...
0
鎌倉隠れ家

土台入れ替え工事&柱の金輪継ぎ Part 2

前回のブログで土台の刻みと新規柱の刻みまで完了。 今回の記事は、ここからスタート! 既存の柱を切り取る前に、ジャッキを当てて支えを作る。 そして、既存柱の金輪継ぎ細工。 前回作成した土台を借り...
2
所有物件

べニアの経年劣化

東京ビンテージアパートで3月末に退去。 Day1 室内確認し、ざっとクリーニング。 その際、リフォーム計画を考えながら清掃。 先ず、ダメな部分はキッチン。キッチン内部の底板の劣化が激しく、ぶよぶよしている。 そ...
0
鎌倉隠れ家

土台入れ替え工事&柱の金輪継ぎ

鎌倉の古民家は、昭和19年築という事もあり、北側面の土台は壊滅的。 部分的に、土台入れ替え工事を行ってきています。 今回はこちらの元キッチンだった部屋。 勝手口付近の土台が壊滅的に腐食しているため、土台を入れ替える...
0
鎌倉隠れ家

硝子の木建具にあるガラス押えを交換

鎌倉古民家の硝子戸は、昭和19年の建築当初から使用されている木製建具が現役で活躍している。 さらに硝子も建築当時のもので、現在の製法と異なるため、揺らぎがあり光の質が非常に美しい。 しかしながら、ガラスを押さえている木が痩せて、...
0
DIY-Tips

鉄筋を溶接してタオル掛けを作る

以前作り込んだランバーコアで作ったキッチンにタオル掛けを付けることにした。 せっかくなのでDIYで作ってみることにした。 鉄筋をグラインダーでカットして溶接する。 溶接したら、グラインダーで成型して形を作り込んでい...
0
鎌倉隠れ家

菜園スペースの整備

先日、特殊伐採で剪定した枝を使って菜園スペースを作った。 枝を組み合わせて、丸く囲いを作り、杭で固定。 さて、ここをいい感じの菜園スペースに変身させたいのですが、土がカチカチでべちゃべちゃ。 酸度もペーハー5.5と酸性 ...
0
鎌倉隠れ家

ツリークライミングと特殊伐採

鎌倉古民家の裏山に森があり、森の木から枝が落ちてきて古民家に直撃! 瓦が破損するという事故も過去にあり、樹木の整備は必須作業なわけですが、、、、その樹木が、まあ~ 大きいのです。 そこで、趣味と実益を兼ねてツリークライミングしながら剪...
0
タイトルとURLをコピーしました