帝都戸建て

帝都戸建て

昭和レトロは真壁の良さを生かすことで生み出せる。そして、日本古来の建具が空間を引き立てる。

ここ数日間を費やした、作業場での補修を終え、元の巣に戻った建具達。 元の場所に納まると、空間が引き締まる。 障子はキッチン前面と掃き出し部に納まる。 キッチン前という事もあり、防水仕様のプラスチック障子紙を...
0
帝都戸建て

種々の建具で、一番大切にされないのが、フラッシュ戸。そこを敢えて再生する。

東京の帝都戸建て、通称「テイコ」の建具を自宅近くの作業場に持ち帰り、絶賛修復中。 建具にもいろいろな種類がある。 フラッシュ ふすま 障子 フラッシュ フラッシュというのは、骨組みにべニアを張り付けて建具にしたものを言う...
0
帝都戸建て

木と紙でできている日本家屋、その中でも最も繊細美を放つのは「障子」ではないでしょうか?

この障子たちは、昭和40年代のもの。 古いがゆえに、障子桟はボロボロ、そして、割れ、開き多数。 もちろん、障子枠は ぐらぐら状態。 これを蘇らせるのがリノベ魂! ボンド注入 まずは、ボンドを注入! ...
0
帝都戸建て

古い障子だからこそ洗って映える色がある。それは、「ビンテージな飴色」。

昨日、古い建具ですが、すべての建具を取り外し、帝都戸建て(通称テイコ)から車で運んできた。 車に満載された古い建具、「障子」に、「襖」に、「戸」たち。 自宅近くの倉庫を整理してから、これらを再生する。 障子洗い 「桟...
0
帝都戸建て

噴き出る水

IKEA洗面台の組み上げ中。 午前中、水栓金具や排水部品を取り付け、水と湯のバルブをOPENして完成。。。。 の予定が、ランチから帰ってくると、、、、 噴き出る水! 水栓金具を裏から見た、組み...
0
帝都戸建て

2時間放置

洗面台のお話。 LIXILとかの既製品は素晴らしいのですが、飽きちゃったので、今回はIKEA洗面台を投入。 竹っぽい天板に一目惚れして衝動買い。 天板はお約束の穴あけ加工。 まあ、それ...
0
タイトルとURLをコピーしました