土台入れ替え工事&柱の金輪継ぎ Part 2

鎌倉隠れ家

前回のブログで土台の刻みと新規柱の刻みまで完了。

今回の記事は、ここからスタート!

既存の柱を切り取る前に、ジャッキを当てて支えを作る。

そして、既存柱の金輪継ぎ細工。

 

前回作成した土台を借りに入れて様子を見る。

コーナー部を徐々に持ち上げてみる。

お、行けそうだ!

 

行けたぞ!

 

綺麗な金輪継ぎ!栓棒を打ち込んでみる。イイ感じ~

 

一旦木材を撤去して基礎固め。

既存の基礎に鉄筋を差し込み、鉄筋間を溶接。

 

型枠を組む。

隙間からコンクリートを流し込み、突き棒で隙間をなくすように突きまくる。

 

数日して型枠撤去。まあ綺麗なコンクリート現る!

 

レーザーでレベルを見ながら土台上端のラインを合わせる。

 

ジャッキやクサビを併用してレベルを合わせる。

 

すかさず、柱下にモルタルを詰める。

 

無収縮モルタルを使用。

 

ということで、良い感じに完成させました。(完)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました