屋根瓦が台風15号で被害甚大

鎌倉隠れ家

粉々になった瓦。

今回の台風15号は三浦半島を直撃した。

三浦海岸沿いは壊滅的被害を受けている。

同様に、台風の東側に当たる千葉は、報道でもあるように更に壊滅的被害。

 

鎌倉隠れ家も同様、甚大な被害。

これから、リノベをする予定でしたが、いきなりの洗礼。

幸い、窓ガラスの被害は無く、被害は屋根瓦に集中。

 

屋根瓦の被害

 

特にひどかったのが、山側の瓦。

山から折れた木が降り注ぎ、ギロチンチョップ状態で破壊。

 

今回、鎌倉隠れ家の屋根への初登頂。

被害状況を記録するために屋根伏せ図を作成。

かなり複雑な寄棟で、改めて驚き。

被害のあった平瓦の数はおよそ50枚、軒瓦およそ10枚、加えて棟瓦が4m分。

 

平瓦の大きさは上記の通り、汎用品より若干小さい。

 

この状態で雨に当たると雨漏れで古民家のダメージは一気に進行してしまう。

その為、簡易的にでも雨が漏らない状態に復旧することがリノベラーに与えられた使命。

 

まずは、ダメージ個所を一か所に寄せ、使える瓦と差し替える。

最後にダメージ個所にシートを被せ重しを置く。

軒はアスファルトシートをカットして置き、下に雨が浸透しないようにして重しを置く。

一般的には屋根に上るのは危険です。専門業者へ依頼しましょう。落下等で命の危険があります。

 

スズメバチ

今回の作業中さらなる試練が。

それは、スズメバチが軒下から屋根裏に潜り込み巣作り。大きさからして、黄色スズメバチ。

軒下の入り口付近には10匹程度が警戒態勢で常時見張りにつき、そこから一機ずつ離陸。

非常に怖い音と光景。

こんな中での作業、屋根の補修もままならない。今回は本当に簡易的対処しかできない。

 

来週、駆除業者に駆除してもらった後、再度応急作業を遂行。

スズメバチ駆除は専門業者へ依頼しましょう。スズメバチは蜂スプレーを当ててもすぐには死なないです。(経験談)

 

 

コメント

  1. mmm より:

    お見舞い申し上げます
    汎用品より小さな瓦でよかったですね(最悪は汎用品カットで何とか・・・)

    うちの物件はミツバチが巣を作ってましたよ
    原因は区役所が庁舎の屋上でミツバチを飼育しだしたからと思われます(役所で駆除してくれないかな)

    • ooyagaku より:

      瓦は50枚強程度必要そうですが、友人の「瓦の神様」にお願いしようと思っています。
      ハチはやばいです。キイロスズメバチでした。

  2. メグ より:

    こんにちは。
    人気ブログランキングより訪問しました。
    台風15号の被害甚大だったようですね。
    屋根の修復やスズメバチの駆除は安全な業者に頼むのが一番ですね。
    応援P。

    • ooyagaku より:

      そうですね。やはりプロに頼むのが安全です。それまで応急対策で耐えています。

  3. おざわ より:

    ご無沙汰しております。
    台風被害、お見舞いいたします。

    襖と障子への愛が感じられますね。
    障子用のナイフは初めて知りました。相変わらず深いですねえ。

    今度、昭和の物件購入する予定ですので、参考にさせたいただきます。

タイトルとURLをコピーしました